NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

株式会社NTTデータ四国

金融EDIの最新動向とEB/FBサービスへの影響、金融機関への新接続方法に関するセミナーのお知らせ

  • 印刷

2021年11月25日

2024年1月、NTT東日本・NTT西日本により固定電話がIP網へ移行されます。
これにより、従来のEDIをこれまでと同じように利用することが難しくなるため、多くの企業がインターネットEDIへの変更を迫られることになります。インターネットEDIに移行するには、自社だけでなく、多くの取引先と調整・通信テストが必要になります。それでは、効率的に移行するにはどうすればいいでしょうか。
本セミナーでは、株式会社NTTデータから金融業界の最新動向と新たな金融機関接続方法を、株式会社NTTデータ四国からは金融EDIの最新動向と通信ソフトウェアのご紹介、そして、株式会社データ・アプリケーションからは企業が行うべき対応策と最適なソリューションをご紹介します。ぜひご参加ください。

セミナープログラム

開催日 2021年12月15日(水) 13:00~14:30
会場 オンライン開催(Zoomウェビナー)
参加費 無料(事前登録制)
定員 100名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
講演テーマ/講師 講演概要
【講演1】 金融機関取引(EB)への影響と代替サービスAnserDATAPORTのご紹介
(株式会社NTTデータ)
INSネットのディジタル通信モード終了およびアナログ回線のIP化に伴う各種EBサービスへの影響と、金融機関取引におけるISDN回線の代替サービスとしてAnserDATAPORTをご紹介します。併せてご利用者様にご準備頂く内容についてご説明します。
【講演2】 VALUXおよびAnserDATAPORT用通信ソフトウェアのご紹介
(株式会社NTTデータ四国)
〇EBNext2DX for Serverについて
同時に複数の金融機関と一括データ伝送を行うことができる金融EDI向けの通信ソフトウェアです。VALUXサービスおよびAnserDATAPORTサービスを介して、振込依頼などの依頼データの送信や、入出金明細などの照会データの受信が容易に実現可能です。また、閉域網接続のAnserDATAPORTサービスや、インターネット接続のVALUXサービスの特性を理解した便利機能やAPIを利用することにより、ERP等と連携した送金指図の自動化や消込業務の自動化を実現したり、CMSシステムと連携したグループ企業の支払代行や資金管理の自動化を実現したりすることが可能です。

〇EBNext2DXについて
振込依頼や入出金明細照会などの業務をマニュアルベースで行える安価なパソコンバンキングソフトです。
【講演3】 EDI変革期! 固定電話のIP網移行を迎え金融機関接続は新たな方法へ
~ACMSシリーズにおける対応状況とシステム構築例のご紹介~

(株式会社データ・アプリケーション)
NTT東西による固定電話のIP網移行は、従来のEDI環境に大きな変化を与えます。その中で、いわゆる金融EDIと呼ばれる金融機関への接続方法も大きく変わろうとしています。
本セッションでは、ACMSシリーズを用いた新たな金融機関接続方法への取り組みをご紹介します。

お申し込み・お問い合わせ

特設サイトよりお申込み下さい。
https://www.dal.co.jp/seminar/pro-seminar-pstnzedi-202112.html

本件に関するお問い合わせ:
株式会社NTTデータ四国 第二ビジネス事業部 営業企画統括部
E-mail:ebnext_atmark_nttdata-shikoku.co.jp (「_atmark_」は@にご変更ください。)