NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

株式会社NTTデータ四国

金融機関サポートセンター業務を手助けする新サービスを提供開始

~EBNext®2利用企業向け窓口サービスを開設~

  • 印刷

2014年7月23日

株式会社NTTデータ四国(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:菅家 裕、以下NTTデータ四国)は、ユニオンソフト株式会社(本社:長崎県長崎市、代表取締役:濱田 利夫、以下ユニオンソフト)と協力し、NTTデータ四国のパソコンバンキングソフト「EBNext2」、「EBNext2 DX」および「EBNext2資金集中ソフト」(以下EBNext2)における利用企業向け窓口サービスを2014年9月1日より金融機関に向けて提供を開始します。


金融機関は、業務の再編や縮小などにより、ファームバンキングソフト(以下FBソフト)向けのサポート窓口を設けることが難しい中で、企業はサポート窓口の充実、シームレスな問い合わせ対応を求めており、利用者のニーズに応えられないケースがあります。
本サービスにより、EBNext2を取り扱う金融機関は窓口サービスをユニオンソフトに委託できることから、企業に対しEBNext2の利用を促進できるほか、企業からの問い合わせがなくなり、サポート窓口を維持するコストや利用料金の回収等にかかる事務コストの削減ができます。また、企業は確実にサポートを受けることが可能となります。


NTTデータ四国とユニオンソフトは、2017年3月までに約10,000社へのサービス提供を目指します。

背景

金融機関が提供する総合振込や給与振込などのデータを、VALUX®や一般公衆回線経由で企業が送信するためにはEBNext2などのFBソフトが必要です。このような金融サービスは金融機関が提供するため、FBソフトの操作サポートも金融機関が行っています。一方、近年、金融機関の業務再編やインターネットバンキング(以下IB)などの新サービスにより、FBソフトのサポート体制を縮小せざるを得ない状況の中、昨今のIBにおけるインターネットを利用したパスワードの盗難や「フィッシング詐欺」等のセキュリティー不安があることから、企業がFBソフトを使いたいというニーズに応えることが困難な状況が年々拡大しています。


そこで、NTTデータ四国は、当該サービスの経験が豊富なユニオンソフトと協力し、EBNext2製品シリーズの利用企業からの問合せを直接受ける窓口サービスを開始することとしました。

サービス概要

通常、金融機関が行う、EBNext2利用企業の問合せ窓口業務をユニオンソフトが代行するサービスです。

サービスモデル_5.png
※ オプションで、利用料(メンテナンス費用)の代金回収代行サービスを提供します。

メリット

金融機関は、EBNext2を使いたいという顧客のニーズに応えることができるほか、サポート窓口を維持するコストの削減、代金回収に伴う手続き等のコスト削減ができます。また、EBNext2利用企業は確実にサポートを受けられるようになります。

今後について

NTTデータ四国およびユニオンソフトは、今後、EBNext2の利用企業を増やし、2017年3月までに10,000社へのサポートサービス提供を目指します。

登録商標

*「EBNext」は、日本国内における株式会社NTTデータ四国の登録商標です。
*「VALUX」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ四国
第二システム事業部 営業企画部
堀江、藤原
Tel:050-5556-3006
E-Mail:ebnext@nttdata-shikoku.co.jp
WEBサイト(製品情報):http://ebnext.jp/

報道関係および製品・サービスに関するお問い合わせ先

ユニオンソフト株式会社
筧、池角
Tel:095-848-7778
E-Mail:union@tatujin.co.jp
WEBサイト(製品情報):http://www.tatujin.co.jp/