NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

株式会社NTTデータ四国

教育システムなど

  • 印刷

新入社員研修

全国のNTTデータグループに広がる交流の原点

新入社員研修は、全国のグループ各社合同で実施しています。
入社後すぐに始まる約2カ月間の研修は、社会人としてのビジネスマナーはもちろん、コンピューターの基礎からプログラミングの初歩まで学びます。また、企画・提案書作成実習においては、ビジネスマンとして必要なスキルであるプレゼン力を養うため、話し方から、事前準備、発表までを行います。
この研修で、新入社員の間には連帯感が生まれ国内のNTTデータグループに広がる交流の原点となり、仕事や社会人生活を支える大切な財産になっていきます。

新入社員育成方針

マンツーマンでの手厚いフォロー

当社においては、入社後2年間を新入社員育成期間と位置づけ、主としてプログラム開発(ものづくり)を経験します。新入社員として入社される皆さんは、理系出身でプログラミングを経験されている方もいれば、文系出身でプログラミング初心者の方もいらっしゃいます。そのため、皆さんの上司となる育成指導者が一人ひとりに沿った育成計画を策定し、皆さんの育成がスタートします。

育成計画を策定後、毎月(2年目社員は四半期に1回)、皆さんが前月の仕事の実施状況、感想や意見を記入した育成面談書をもとにアドバイザーが面談し、マンツーマンでの手厚いフォローを行っていきます。

育成社員OJT成果発表会

1年間の集大成の発表

育成1年目、2年目が終了した後、1年間の成果を他の育成社員、アドバイザー、育成指導者、育成指導責任者などが見守る中、それぞれの成果を発表します。限られた時間の中で自分の伝えたいことを発表し、参加者からの質問に答えていくことで、プレゼン力が養われます。

資格バックアップ

学ぶ意欲をサポート

業務に関する「情報処理技術者」や「ベンダ資格」など、さまざまな資格の取得を会社がバックアップします。
自身が目指す資格のための研修や通信教育などの受講はもちろん、資格取得時には、個人負担費用を軽減するために資格取得費用支援制度があります。