NTT DATA 変える力を、ともに生み出す。

株式会社NTTデータ四国

WinActor

  • 印刷

Windows端末操作であらゆるアプリケーションの操作を自動化するソフトウェア型ロボット

WinActorは、2010年にNTTの研究所で産まれた国産のRPAソリューションです。
これまで人がWindows端末から操作していたExcel、ブラウザ、ERP、ワークフロー、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作手順をシナリオとして学習し、人に代わってWindows端末操作を自動で実施するソフトウエア型のロボットです。
昨今の大きな課題である「高齢化による労働人口不足」や「働き方改革」の対策ツールとしても大きな脚光を浴びています。

RPAとは...
Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーションの略称)で、仮想知的労働者(Disital Labor)とも呼ばれます。ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みとして定義されています。

image.png

導入のメリット

WinActorは人に代わって作業を自動的に実施するソフトウエア型のロボットです。
Quality(品質)とCost(コスト)とDelivery(納期)のそれぞれの要素でメリットを享受できます。

①品質

人為ミス削減による品質の向上

②コスト

業務スピード向上とコスト削減の両立

③簡単

細かな手順の即時自動化

④早い

人手の必要な作業の削減とリードタイムの短縮

⑤要員減

余剰労働力の他業務への振り替え

⑥現状維持

既存プロセスに大きな影響を与えない

⑦要員調整

労働力の拡大・縮小の柔軟性が高まる

導入効果

以下のような業務運用の更なる効率化を検討されているお客様のご希望をWinActorが実現します。

    1. 日々の定型作業を自動化し人をより有効な業務へシフトしたい。
    2. 人によるシステムへのデータ入力作業を自動化し誤入力を0%にしたい。
    3. プログラムに手を加えることなく、自社でシステム変更や作業手順を変更したい。
    4. 他システムとも連携を図りながらシステムを自動的にトータルコントロールする仕組みを構築したい。

「WinActor」のラインナップ

「WinActor」は用途や利用ポリシーに応じて選択できます。

robot5.png

「WinActorクライアント型」

Windows OS上で動作するロボットです。
スピード感や導入容易性を重視して各現場ごとに自動化したい場合に選択します。

robot5_r.png

「WinActorサーバ型」

WindowsServer2016上で動作するロボットです。 WinActorを全社やバックグラウンドで一元利用したい場合に選択します。

robot5_pe.png

「WinActor」管理ロボ

管理ロボは、WinActor実行版(以下:実行ロボ)やWinActorの動作シナリオをWindowsServer2016上で一元的に管理・統制するロボットです。
多数の実行ロボを使って自動かつ効率的に複数の作業シナリオを並行処理したい場合や、他システムと連携し全社的な業務自動化を構築したい場合に選択します。

image0.png

BPMツールとは...
Business Process Managementの略で、複数の業務プロセスや業務システムを統合・制御・自動化し、業務フロー全体を最適化するためのツールのことです。NTTデータはIM-BPM等のツールを提供しています。

WinActorに関する詳細情報

WinActorの詳細については、こちらでご案内しています。
WinActor (外部サイトへ移動します)

登録商標

WinActor_ロゴ_CS6.jpg「WinActor」は、日本国内における株式会社NTT-ATの登録商標です。
Windows、Windows Serverは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

資料のご請求・お問い合わせ

資料のご請求    お問い合わせ